JOGGO(ジョッゴ)の革の質ってどう?

オーダーメイドのレザーアイテムを割安で購入する事が出来るJOGGO(ジョッゴ)。

 

  • 財布なら10,000円前後
  • パスケースなら5,000円前後
  • キーケースも7,000円前後

 

と、非常にリーズナブルな価格で、の製品を購入する事が出来ます。

 

 

オーダーメイドでこれだけ安いとなると、革の質や品質、耐久性なども気になってきますが、どうなのでしょうか??


 

JOGGOに使われている革について

 

JOGGO革質

 

JOGGOのアイテムに使わている革はスムースレザーと呼ばれる牛革です。

 

※公式に電話して確認しました。

 

スムースレザーとは、表面が滑らかな革の事です。

 

ですので、スエードやヌバックのような、毛感のある革や型押しの革はスムースレザーとは言えません。

 

JOGGO革質

 

天然の牛革の素材感を活かした仕上げをしているので

 

ひとつひとつ違うシボやシワを楽しむ事が出来ます。

 

最高級グレードの牛本革の味わい深さ、 を感じる事が出来ると思います。

 

JOGGOの製造工場があるバングラディッシュでは、年に1日、現地の宗教の関係で、食用の牛肉が、大量に消費されます。

 

その革を使う事で、高品質な革をリーズナブルな価格で使用する事が出来るのです。

 

 

JOGGOの革の耐久性について

 

JOGGOに使われている革は牛革です。

 

革でメジャーなものですと、豚や羊もありますが、豚や羊の革に比べ、分厚く耐久性に優れています。

 

JOGGOのアイテムに使われている革は、高級ブランドなどの革とは違い、丈夫な革と言えるでしょう。

 

エルメスなどの高級ブランドの革は、品質は抜群にいいのですが、それ故、デリケートな面も持っています。

 

超高級な革は手入れがとても大変なのです。

 

 

JOGGOの口コミについて

 

JOGGOの革の品質や耐久性について、解説していきました。

 

更にJOGGOについて詳しく知る為に、口コミも集めてみましたので紹介します。

 

実際にJOGGOを使っている方の口コミを見ていきましょう。

 

 

口コミ

縫い目の仕事が丁寧だと思う。。

 

手触りがとてもいいと思う。やはり本革はいい。

 

質感に高級感がある。

 

 

JOGGOの素材に関しての口コミは良い口コミがとても多かったです。

 

ファスナー部分もYKKの製品を使っていますので、革の部分だけではなく、細かい部分もこだわった品だと言えるでしょう。


 

また、当サイトでは、良い口コミだけでなく、悪い口コミも掲載しています。

 

イマイチな評価が気になる方はぜひご覧ください。

 

>>>JOGGOの口コミ